専業主婦でもブランド物が欲しい

洋服にもバッグにもメーカーがある。しまむらや西友などの製品にもタグは付いているが、その商品たちに対してブランド物とは言わない。高級なイメージかつ値段も高く、それなりの企業が売っている商品に対して、ブランド物という冠が付くのである。そのような高額商品に、専業主婦は手を出すことが出来るのだろうか。


専業主婦のカードローン対策とは

専業主婦でも銀行や家族カードでカードローンを利用することは出来る。夫の収入によるが、100万円程度は平均して借りられる。明細を自宅に郵送しないように手続きをすることも可能なので、正直内緒で使ってもバレない。だからと言って夫の収入を無駄に浪費するよう斡旋している訳ではない。


見た目で裕福を競わない

夫は外で仕事をしている間に、自分は専業主婦として家で家事と育児に追われている。同じ時間働いて、主婦は土日の休みもない。だからこそ、たまには自分が欲しかったブランド物を買っても罰は当たらないだろう。そう考える気持ちはとても良く分かる。しかし、夫の給料は家族の資産である。買いたいブランド物というのは、誰のためのものだろうか。自分しか使わないものなのではないだろうか。それは家族の資産ではなく、自分個人の資産になってしまうのではないだろうか。

夫が契約したカードローンを利用する前によく考えて頂きたいのは、家族は皆で一つであるということである。私だけがということはない。皆で一緒に頑張っているのである。ローンを利用するならば、家族で行く海外旅行や家や車の資金として利用するのが、一番家族思いの行為と言える。