「専業主婦でも夫に内緒で借りられる」は本当か

夫に内緒で契約出来る、一定額までの借入は収入証明書が必要ないなど、色々な謳い文句を掲げているサイトが見受けられる。様々なサイトを見てみたが、実際に専業主婦はカードローンを自分で契約をすることが出来るのだろうか。


専業主婦は消費者金融での契約が困難

結論から言うと、専業として家事を行っている主婦では契約をすることは難しいようだ。まず夫の同意が必要なので隠しながらの契約は出来ない。そしてやはり自分自身に返済能力がないため、借入をすることが困難になる。出来ると言っている消費者金融はどのような手を使っているのか知らないが、あまりおすすめ出来ない。そのような場所で借入をした場合は、金利が高く、返済も自転車操業になってしまうことが多い。


カードローンは銀行もしくは家族カードで

個人の収入合計のうち、3分の1までしか借入することが出来ないという総量規制がある。そのため、収入自体が無い主婦は借入をすることが出来ないのである。ここでおすすめなのが、銀行のカードである。銀行のローンは総量規制の対象にならない。その他に、夫がローンを既に契約しているならば、家族証明をして家族カードを手に入れることが出来る。家族カードとは、夫が契約した利用限度額までを、夫の持つカードと共有して利用することが出来るものだ。これならば専業主婦でもローンを利用することが可能である。 そもそも夫に内緒でローンを契約するというところがいけない。夫が借金ばかりして仕事もしないような人間なら、さっさと別れてしまおう。基本的にカードローンを専業主婦が利用しなければならないような状況を避け、夫の稼ぎが悪いのであれば、多少なりとも外へパートに出てみることをおすすめする。

—関連PR—
三井住友銀行→専業主婦は不可ですが収入のある主婦であれば、三井住友銀行のカードローンを利用することはできます。