お子さんの借金でお困りの専業主婦の方へ

クレジットカードをお子さんに使われ、膨大な額の請求書が送られてきたというニュースがある。スマートフォンを子供でも持つようになり、ゲームでも課金しないと強くならないものが増えている。20歳以上になればカードを作ることすらも簡単である。親として、そのようなお子さんが背負った借金をどのように考えるべきなのだろうか。


カードローンなど、金融機関のカードは徹底管理をする

小さいお子さんとクレジットカードの事件は沢山ある。だがその事件の根本的な原因は、やはり親の管理不行届にある。小さいとはいえ、最近はインターネットで簡単に情報を得ることが出来るため、カードの使い方などすぐにわかる。高額融資のカードローンやキャッシングのカードまで持ち出された日には、家族で辛い返済生活を送ることになるだろう。まずは、金融系のカードは必ずお子さんの目が届かない場所に保管すること。専業主婦の方は常に家で物を管理している立場であるため、少しは容易に出来るはずだ。そしてお子さんは親の行動を常に見て物事を覚えるため、お子さんがいないところでカードを利用することがベストである。もちろん、カードを出す時やしまう時も、お子さんには隠しておこう。まだ小さい頃は物事の分別をつけることが難しいため、ゲームをただ楽しみたくて使ってしまうという理由が多い。カードの存在自体をお子さんに知られないように注意することが大切である。


専業主婦をやめるという選択肢

対策をとってもお子さんに使われてしまった時は、返済をしていく他ない。あまりに大きな金額であるならば、返済期間だけ外に出て働くのも一つの手である。専業主婦でいなければならない理由がある方は、在宅で構わないので、とにかく仕事をしている姿をお子さんに見せるべきである。お金を稼ぐというのはとても大変で、カードはどういうものなのかということを、対応と態度で示す。お子さんには、クレジットカードとは何かをしっかり教えよう。

専業主婦だから何も出来ないと悲しむことはない。母親だからこそお子さんに出来ることというのは、とても沢山あるものだ。知らなかったのなら分かるまで教えてやる。そうしてお子さんはカードローンやクレジットカードの機能について、理解し学んでいくのである。