Monthly Archives: 6月 2015

専業主婦は銀行とレディースキャッシングのどちらで借りるのがいい?

専業主婦でも金融機関で借り入れを行うことは可能です。
消費者金融は賃金業法の改定で難しくなってしまいましたが、銀行やレディースキャッシングならば大丈夫です。
では、この2つならばどちらで借り入れを行うのがいいでしょうか?


○どのようなカードローンを利用したいかによって選び方が変わってくる○

一口にカードローンといっても、実に様々な種類があります。
融資までのスピードが早いもの、金利が低いもの、総量規制対象外になるもの。
利用者がどんな目的を持っているのかによって選ぶべきローンの種類も変わってくるので、「絶対これがいい!」というのは言えません。
特にレディースキャッシングは独自のサービスを展開しているところが多いですから、他社や銀行とよく比較して選ぶ必要があります。
勢いで申し込みを行ってしまう前に、自分がどんなタイプのカードローンを使いたいと思っているのかをじっくりと考えておきましょう。


○専業主婦でも自由にカードローンを選べる○

ちなみに銀行とレディースキャッシングの違いは、主に金利・総量規制・利用限度額にあります。
銀行は金利が低く、総量規制対象外になり、利用限度額も数百万円までと高めです。
一方レディースキャッシングは金利が18.0%とやや高めで、総量規制の対象になり、利用限度額は数十万円のところがほとんどです。
こう比べると銀行の方が便利なのではないかと思われますが、そのハイスペックさゆえに審査に通りにくく、審査に時間がかかってしまうというデメリットがあります。
また、口座を持っていないと借りられないので、場合によってはそれを作成するところから始めなければなりません。
どちらがいいのかは借り入れのタイミングや状況によって違ってくるでしょうから、専業主婦の皆さんは使い分けを覚えておいておくといいでしょう。