専業主婦は銀行とレディースキャッシングのどちらで借りるのがいい?

専業主婦でも金融機関で借り入れを行うことは可能です。
消費者金融は賃金業法の改定で難しくなってしまいましたが、銀行やレディースキャッシングならば大丈夫です。
では、この2つならばどちらで借り入れを行うのがいいでしょうか?


○どのようなカードローンを利用したいかによって選び方が変わってくる○

一口にカードローンといっても、実に様々な種類があります。
融資までのスピードが早いもの、金利が低いもの、総量規制対象外になるもの。
利用者がどんな目的を持っているのかによって選ぶべきローンの種類も変わってくるので、「絶対これがいい!」というのは言えません。
特にレディースキャッシングは独自のサービスを展開しているところが多いですから、他社や銀行とよく比較して選ぶ必要があります。
勢いで申し込みを行ってしまう前に、自分がどんなタイプのカードローンを使いたいと思っているのかをじっくりと考えておきましょう。


○専業主婦でも自由にカードローンを選べる○

ちなみに銀行とレディースキャッシングの違いは、主に金利・総量規制・利用限度額にあります。
銀行は金利が低く、総量規制対象外になり、利用限度額も数百万円までと高めです。
一方レディースキャッシングは金利が18.0%とやや高めで、総量規制の対象になり、利用限度額は数十万円のところがほとんどです。
こう比べると銀行の方が便利なのではないかと思われますが、そのハイスペックさゆえに審査に通りにくく、審査に時間がかかってしまうというデメリットがあります。
また、口座を持っていないと借りられないので、場合によってはそれを作成するところから始めなければなりません。
どちらがいいのかは借り入れのタイミングや状況によって違ってくるでしょうから、専業主婦の皆さんは使い分けを覚えておいておくといいでしょう。

専業主婦で借金を返済する方法

カードローンも女性に人気のものが増えてきており、今は収入証明書がなくても借り入れをすることが出来る消費者金融もあるため専業主婦でもカードローンを利用する方が増えています。しかしここで一つ問題なのが、そのカードローンの返済方法です。ここでは専業主婦の方におすすめのローン返済方法についてご紹介致します。


○旦那さんのお給料を再計算○

専業主婦の方はもう嫌という程理解しており、耳にタコが出来ていてもう出来る場所すらないという程だと思いますが、旦那さんのお給料をしっかり管理するためには「家計簿」の記入がとても大切なのです。
入口(給料日と給料の額)が分かっているのですから、後は出口を固めれば良い訳です。一度袋に入れたものは決して漏れることはありません。その袋に穴が空いていればそこから漏れますし、穴が大きければ大きい程沢山漏れ出てしまいます。その穴を塞ぐためには家計簿でどの程度の穴なのかを確認する必要がある訳ですね。

まずは旦那さんのお給料を全額把握し、普段の生活で固定として出て行くものを差し引きます。そして日用品や医療費などの必要経費を引いたあと、ここからです。
一番家計簿で面倒臭くなってしまいやってしまいがちことは、「食費を簡素にまとめてしまう」ことです。これがとても厄介で、この食費の中にはお菓子やお酒などの嗜好品も含まれている可能性が高いのです。スーパーの一つのフロアに日用品やお酒、食品関係など色々な種別の商品が置いてあると、レジでの会計もひとまとめになりレシートもひとまとめになります。長いレシートの中から嗜好品だけを探し出し、金額まで再計算しなければならないというのはとても面倒ですよね。


○専業主婦ならではの管理しやすい買い物方法とは○

スーパーでも目的設定のないカードローンを利用して買い物をすることも可能ですし、ポイントカードのポイントを稼ぐには一括で会計をした方が良いというのはあります。しかしそのお陰で家計簿が潤わずカードローンの返済どころか家計管理すら出来なくなるととても困ります。

そこでおすすめなのが品目別に会計をし、ポイントはサービスカウンターにレシートを持って行って一括でつけてもらうという方法です。同じフロアにあるものでもカゴに入れるのは同じ嗜好品や日用品のみ。そこで一度ずつ会計をします。とても面倒に思いますよね、なので嗜好品は最後に会計をしてください。食材と日用品だけで帰宅したくなるため、余計なものを買わなくて済みます。サービスカウンターではその日のレシートとポイントカードを持っていけばポイント加算してくれるので、レジごとのお金が低くても合計してポイントをつけてくれます。

カードローンを利用するとその返済方法に困る方はとても多いものです。特に専業主婦の方は自分が働いていないので返済するお金を捻出するのに一苦労します。今の家計をやりくりしながらカードローンの返済をし、更にお金のやりくり技術もアップする方法、専業主婦の方は是非一度実践してみて下さい。

「専業主婦でも夫に内緒で借りられる」は本当か

夫に内緒で契約出来る、一定額までの借入は収入証明書が必要ないなど、色々な謳い文句を掲げているサイトが見受けられる。様々なサイトを見てみたが、実際に専業主婦はカードローンを自分で契約をすることが出来るのだろうか。


専業主婦は消費者金融での契約が困難

結論から言うと、専業として家事を行っている主婦では契約をすることは難しいようだ。まず夫の同意が必要なので隠しながらの契約は出来ない。そしてやはり自分自身に返済能力がないため、借入をすることが困難になる。出来ると言っている消費者金融はどのような手を使っているのか知らないが、あまりおすすめ出来ない。そのような場所で借入をした場合は、金利が高く、返済も自転車操業になってしまうことが多い。


カードローンは銀行もしくは家族カードで

個人の収入合計のうち、3分の1までしか借入することが出来ないという総量規制がある。そのため、収入自体が無い主婦は借入をすることが出来ないのである。ここでおすすめなのが、銀行のカードである。銀行のローンは総量規制の対象にならない。その他に、夫がローンを既に契約しているならば、家族証明をして家族カードを手に入れることが出来る。家族カードとは、夫が契約した利用限度額までを、夫の持つカードと共有して利用することが出来るものだ。これならば専業主婦でもローンを利用することが可能である。 そもそも夫に内緒でローンを契約するというところがいけない。夫が借金ばかりして仕事もしないような人間なら、さっさと別れてしまおう。基本的にカードローンを専業主婦が利用しなければならないような状況を避け、夫の稼ぎが悪いのであれば、多少なりとも外へパートに出てみることをおすすめする。

—関連PR—
三井住友銀行→専業主婦は不可ですが収入のある主婦であれば、三井住友銀行のカードローンを利用することはできます。

毎日の食事管理に専業主婦のこだわりを

専業主婦となると、家事と育児を手早くこなせるイメージがある。しかし主婦には休日がない。土日も料理や掃除があるし、お子さんがいると育児に休みはないのである。朝お弁当を用意するというのも、毎日となると献立やお金の管理が難しくなる。毎日毎月出ていく食費は、主婦の悩みの種である。


食費をさらに細かく分ける

食費は自炊時にかかる費用のことであるため、3分割にしてみる。朝は朝食とお弁当の費用、昼は自分の昼食、夜は家族分の食事代だ。専業主婦だと昼は家にいることも少なくないため、外食しない限りは食費としてまとめよう。家族3人の一か月分の食費が4~5万円に抑えるのであれば、なるべく嗜好品をやめて野菜中心にする必要がある。カードローンやキャッシングで細かく運用しようとしても、かかる費用をうまくやりくりしないと出費は増える一方である。ここで食費は更に、野菜や肉の部類と、加工品部類に分ける。栄養を考えると、素材は添加物が少ない加工品外のものを選びたい。家族のことを考える時間が多い専業主婦だからこそ、健康とお金の管理を細かく分けて見てみると、減らせる部分を見つけることが出来るだろう。


専業主婦だからこそのこだわりを

家にいるからといって、全てを完璧にこなさなければならない訳ではない。身体が不調で外に働きに出ることが出来ない専業主婦の方も沢山いる。自分に無理がなく、かつ家にいるからこそ出来ることを見つけることが大切である。お金の管理も、今は携帯で簡単に出来るソフトやアプリがあるので、そのような便利アイテムを利用するのも手である。

お金の管理はとても簡単に見えるが、案外頭を使うし時間もかかる。毎日続くやり方を見つけ、無理のない節約をすることが大切である。

専業主婦でもブランド物が欲しい

洋服にもバッグにもメーカーがある。しまむらや西友などの製品にもタグは付いているが、その商品たちに対してブランド物とは言わない。高級なイメージかつ値段も高く、それなりの企業が売っている商品に対して、ブランド物という冠が付くのである。そのような高額商品に、専業主婦は手を出すことが出来るのだろうか。


専業主婦のカードローン対策とは

専業主婦でも銀行や家族カードでカードローンを利用することは出来る。夫の収入によるが、100万円程度は平均して借りられる。明細を自宅に郵送しないように手続きをすることも可能なので、正直内緒で使ってもバレない。だからと言って夫の収入を無駄に浪費するよう斡旋している訳ではない。


見た目で裕福を競わない

夫は外で仕事をしている間に、自分は専業主婦として家で家事と育児に追われている。同じ時間働いて、主婦は土日の休みもない。だからこそ、たまには自分が欲しかったブランド物を買っても罰は当たらないだろう。そう考える気持ちはとても良く分かる。しかし、夫の給料は家族の資産である。買いたいブランド物というのは、誰のためのものだろうか。自分しか使わないものなのではないだろうか。それは家族の資産ではなく、自分個人の資産になってしまうのではないだろうか。

夫が契約したカードローンを利用する前によく考えて頂きたいのは、家族は皆で一つであるということである。私だけがということはない。皆で一緒に頑張っているのである。ローンを利用するならば、家族で行く海外旅行や家や車の資金として利用するのが、一番家族思いの行為と言える。

保育園に空きがなく、働きたいのに働けない専業主婦とは

少子化と共に訪れたのは、保育園などの施設閉鎖である。運営していた会社が倒産するなど理由は様々だが、少子高齢化で子供の数が減ったのも大きな理由の一つだろう。ここで一つ問題になってくるのが、都市部の保育園が減ったことによる、働きたくても働けない専業主婦の増加である。


お子さんを預けられないので働けない専業主婦

以前は介護の仕事をしていて、結婚した後も働いていた。しかしお子さんを身篭って育児休暇を貰ったのはいいものの、いざ保育園の予約をしてみると一年以上の空き待ち状態。育児休暇が終わってもお子さんを預けることが出来ず、専業主婦を余儀なくされている主婦がいる。夫も働いているが貯金をする余裕がないため働きたい、そう思っても働けない現状を抱えている。


カードローンなどの金融期間に頼るのも一つの手

保育園にお子さんを預けられない以上、保育園が空くまで待つか、お子さんが幼稚園に入れる年齢になるまでは外に働きに出ることは困難である。親族に預けるというのも手だが、実家が遠かったり疎遠だったりすると、あまり頼ることが出来ない。夫の収入だけで家族三人を養うことになり、余裕のある家庭なら良いが余裕の無い家庭では心の余裕も無くなる。そういう時は、本当にいざという時のためにカードローンやキャッシングなどの契約をしておくことも視野に入れておくのが良いだろう。

専業主婦をやめて、働きたくても働けない人が増えている。これから保育施設の変わりに介護施設が増えていくだろう。元々介護施設で働いていた方が元の職場に戻れないというのは、負のスパイラルに他ならない。

お子さんの借金でお困りの専業主婦の方へ

クレジットカードをお子さんに使われ、膨大な額の請求書が送られてきたというニュースがある。スマートフォンを子供でも持つようになり、ゲームでも課金しないと強くならないものが増えている。20歳以上になればカードを作ることすらも簡単である。親として、そのようなお子さんが背負った借金をどのように考えるべきなのだろうか。


カードローンなど、金融機関のカードは徹底管理をする

小さいお子さんとクレジットカードの事件は沢山ある。だがその事件の根本的な原因は、やはり親の管理不行届にある。小さいとはいえ、最近はインターネットで簡単に情報を得ることが出来るため、カードの使い方などすぐにわかる。高額融資のカードローンやキャッシングのカードまで持ち出された日には、家族で辛い返済生活を送ることになるだろう。まずは、金融系のカードは必ずお子さんの目が届かない場所に保管すること。専業主婦の方は常に家で物を管理している立場であるため、少しは容易に出来るはずだ。そしてお子さんは親の行動を常に見て物事を覚えるため、お子さんがいないところでカードを利用することがベストである。もちろん、カードを出す時やしまう時も、お子さんには隠しておこう。まだ小さい頃は物事の分別をつけることが難しいため、ゲームをただ楽しみたくて使ってしまうという理由が多い。カードの存在自体をお子さんに知られないように注意することが大切である。


専業主婦をやめるという選択肢

対策をとってもお子さんに使われてしまった時は、返済をしていく他ない。あまりに大きな金額であるならば、返済期間だけ外に出て働くのも一つの手である。専業主婦でいなければならない理由がある方は、在宅で構わないので、とにかく仕事をしている姿をお子さんに見せるべきである。お金を稼ぐというのはとても大変で、カードはどういうものなのかということを、対応と態度で示す。お子さんには、クレジットカードとは何かをしっかり教えよう。

専業主婦だから何も出来ないと悲しむことはない。母親だからこそお子さんに出来ることというのは、とても沢山あるものだ。知らなかったのなら分かるまで教えてやる。そうしてお子さんはカードローンやクレジットカードの機能について、理解し学んでいくのである。